中国で「人肉撞車」という言葉が流行している。これは、いわゆる「当たり屋」を意味する新語だ。近年、当たり屋による偽装交通事故が多発しているのだ。

「南方網」(8月13日付)によると、広東省深セン市で過去数十回にわたり、当たり屋行為を繰り返していた男が逮捕された。

先月16日、市内で歩行者と乗用車による交通事故が発生したと、地元の交通警察に通報があった。

警察官が現場に駆けつけると、車のドライバーと、頭から血を流した男の姿があった。そしてドライバーは「歩行者の男が突然、道路に飛び出してきた」と証言したのだった。

実は被害を主張する歩行者の男、この1カ月だけでも数回、交通事故の被害者としてドライバーに損害賠償請求をしていた当たり屋だったのだ。

その手口は、警察関係者も認める“プロ”そのもの。ほどよいスピードで走る乗用車を狙って接触し、実際にある程度の出血をしてみせるのだ。男は毎回、同じ服装で犯行を重ねていたため、地元警察には「赤帽おじさん」と呼ばれていた。

男は病院で手当てを受けた後、厳しい取り調べを受けたということだ。

今年4月には、同省広州市で、当たり屋グループ5人が逮捕された。彼らのうちひとりがターゲットの車にぶつかり、目撃者役の男が警察に通報するふりをする。

そこへ警察官役の男が登場し、運転手に和解金を支払うよう説得するという劇場型当たり屋行為を、少なくとも13件起こしていた。

また、6月には福建省泉州市でも当たり屋グループ6人が逮捕されたが、彼らは車に接触する前に、あらかじめ自らの指を骨折させるという周到ぶりだったという。

こうした当たり屋行為の横行の陰で、人民の間では交通事故の際、当たり屋の芝居ではないかと勘繰るなど不信感が芽生えており、実際に車にはねられた被害者が放置されて死亡するという事件も続発する結果となっている。

(文=青山大樹)

http://news.livedoor.com/article/detail/13509896/

http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/9/0/90ccc_105_839e7694_80ffd820.jpg
逮捕された赤帽おじさん。額から絶妙な量の出血をしてみせる技は、まさにプロの芸当

コメント一覧
>>1
>頭から血を流した男の姿があった。

この時点で、すげぇ・・・
これを何度もやるキチガイって、命がけってレベルじゃねぇな。
かつて日本に赤帽という宅配便があったが今はどうなったんだろうか
血糊だな
>>3
今でもあるけど元々個人事業者の集団
元々の意味は国鉄で荷物運んでくれる人じゃなかったっけ
中国の当たり屋の女
https://www.youtube.com/watch?v=iV1WDbjyzwM

もうドラレコ必須だわ。
*∧_∧ ほんとはジャPは困ったヤツニダ 
<丶`∀´>  ∧_∧ あ〜
/ \/ )(`ハ´ ;)  披着羊皮的狼アルね!


◇世界とアジアの話題
http://ultiman2006.web.fc2.com/index.html 

◇貿易戦争か 米知的所有権 印反ダンピングで中国牽制 中国もすぐに報復

◇日本を南北から狙う中国 これは合法的侵略だ!

◇激化する日中高速鉄道バトル 一方、韓国は受注ゼロ
>>6
友人はドラレコ付けてたけど当てられた時に壊れて何も記録されてなかった
中国だと、命懸けだと思うがな。
当たり屋なんて、東大阪市だと
アホみたいに居るぞw

カッターマシン(アスファルトを切断する機械)に
突撃しようとする猛者まで居るしw
流石に体張って止めたがな
軽く手足が切断されるつーのに・・・
東大阪あたりで仕事したくないw